【セトリ】Mr.Childrenの台湾ライブ(2018-2019重力と呼吸コンサートツアー)のセットリストと台湾でライブを行う理由

2019年2月1日ミスチルライブ2018-19Tour重力と呼吸

どうも、ミスチルバカことexchange(@mrchildrenbaka)です!

最新情報をお伝えしますので、ぜひTwitterフォローしてください!→@mrchildrenbaka

8月2日にMr.Childrenのニューアルバムの発表、Mr.Children Tour 2018-2019重力と呼吸の発表、Your Songの発売の発表があってから既に1週間以上経ちました!なんだかもうずいぶん前のような気もするのですが、今回はMr.Childrenツアーのうち、Mr.Children初の単独海外公演となる台湾ライブ公演(台北アリーナ)について書いていきたいと思います。特に、初の単独海外コンサートの場所としてなぜ台湾の地を選んだのかということについて、個人的な解釈を書き連ねようかと。それとミスチル台湾ライブのセットリスト(セトリ)も。

あ、一応、ネタ的なツイートもしたので、ぜひご覧ください(笑)

追記ミスチルライブ台湾のチケット情報(一般発売、ファンクラブ先行JTBツアー)が発表されたので、追記しました!(2018/10/27)

まずはMr.Childrenの台湾ライブ(重力と呼吸Tour 2018-2019台湾公演)について

「台北アリーナ」(出典:Travelkingウェブサイト

Mr.Childrenの台湾ライブは2019年2月1日(金)と2日(土)、台北市にある台北アリーナで行われます。羽田からの直行便もある松山空港(愛媛県の松山ではありませんが・・・)からほど近いところにありますね。台北アリーナでは、安室奈美恵、嵐、NEWSなどなど、名立たる日本の歌手・アイドルが海外ライブを行っている由緒ある?場所のようです。

 

なお、台湾の地元向けのフェイスブックページ「Mr.Children Live in Taiwan」も開設されています。

そして、ついに!!!

Mr.Children台湾ライブ2019の詳細が発表されました!!!

台湾公演詳細

日時:2月1日(金) 開場18:00 / 開演19:30

   2月2日(土) 開場 16:30 / 開演 18:00

 

会場:台北アリーナ(105台北市松山區南京東路四段2號)

 

※チケットの詳細は以下で記述。

 

実は、Mr.Childrenは、1995年12月1日に台湾で行われたAct Against AIDSのイベントコンサートで海外公演を行っていて、そういう意味では今回は二度目の台湾ライブってことになりますね。Mr.Children単独ライブでは今回は初めてという仕切りになるのかな。なお、この時には、「Tomorrow never knows」、「奇跡の地球」、「シーソーゲーム~勇敢な恋の歌」を披露したようです。動画で見ました(笑)。かなり面白いのでぜひ皆さんも見てみてください!

Mr.Childrenツアー初の海外コンサートが台湾ライブ(@台北アリーナ)となった理由

出典:facebook「Mr.Children Live in Taiwan

さて、本題。数ある世界の都市の中で、なぜ台湾の台北なんだろうという疑問があってもおかしくはないじゃないかと思って。もちろん、同じアジア文化圏ということで欧米ではなくてアジアというのはすぐに理解できるし、他のミュージシャン、音楽グループ、アイドルの方々も、たくさん台湾ライブコンサートを行ってきているんだけど、アジアだったら、上海、北京、ソウル、香港などなど、比較的日本からも近い東アジアであったとしても他に候補地はいくらでもあったし、むしろ、ほぅ、台湾なんだ、って思った人が少なからずいたはず。え、私だけ??(笑)

なぜ台湾ライブなんだろう・・・台湾でライブを行う理由の一考察

とりあえず、Mr.Childrenの台湾ライブが発表されて1週間あまり、私が見てきた範囲ではなぜ台湾ライブなのかについて、なぜ台湾を選んだのかについて、考察されていたり、特段論じられているものを探すことはできなかったので、あくまでも私個人の見解と言うことで、その点は何とぞご容赦いただきたいのです。てめぇー勝手なこと言ってんじゃねーというご批判は受け付けません(笑)。

はい、では私が考える理由とは。

最大の理由は、東日本大震災時の台湾の援助・厚意に対する御礼を兼ねてではないかと。

(・・・そうであってほしいな、、、という願望込みで!)

Mr.Childrenが初の海外単独ライブの場所として台湾を選んだのはまぎれもなく、東日本大震災の際、台湾はその国力に比して多大な義援金(義捐金)を供出し、どこよりも早く救助隊派遣の準備をしてくれたことに他ならないのではないかと、本気で思っています。Mr.Childrenがあの時の感謝を伝えてくれるものと信じています。

東日本大震災後の台湾による日本への支援

(出典:livedoor news

実際に、台湾はどの程度の支援をしてくれたのか、Wikipediaから引用してみます。

馬英九総統は「日本側の要請を受けたら、すぐに救援隊を出動したい」と語り、要請があればいつでも援助隊を出動可能な状態に待機させた。中華民国外交部は11日、大地震に遭った日本政府に30万台湾ドルの義援金を送ることを表明。翌12日には、1億台湾ドル(約2億8000万円)に増額した。13日には被害の拡大により、被災地に援助隊を派遣することを表明。同総統は演説で、日本が1999年9月の台湾中部大地震や2009年8月の南部台風災害で台湾を支援したことに触れ、「我々も同様に積極支援する」と語った。台湾の救助隊28人は3月14日午前に台北市内の松山空港を出発。同救助隊は日本に到着の後、自力で被災地に入り、救助活動に当たる計画を立てた。台湾は11日に派遣の用意を表明していたが、日本側の待機要請により、各国の救助隊が日本入りする中、丸2日間の待機を余儀なくされた。台湾側外交関係者は日本政府の中国の立場への配慮を示唆している。

台湾ライブでMr.Childrenや桜井氏が伝えてほしい言葉(個人的な思い入れと妄想MC)

(画像引用元:facebook「Mr.Children Live in Taiwan」)

いや、別に、これは私個人の勝手な解釈なので、そう思わない人がいて当然なんだけど、私個人的には、そうあってほしいなと、MCの時に桜井氏にこうしゃべってほしいなという、勝手な思い入れを以下に示しますよ!

(以下、妄想満月・・・)

「あのぅー、Mr.Children初の、いや、初と言っても、ほんとはね、実はね、1995年にAct Against AIDSのイベントでお邪魔させていただいているんですけども、Mr.Children単独ライブとしては初めてということで。そして、なぜ僕らがここ台湾の地を選んだのかということは、ここでお話ししておきたいと思います。

それは、あのぅー、2011年に起きた東日本大震災のあとに、日本の隣人である台湾の皆さんが僕ら日本のことを自分たちのことのように心配してくれて、本当にたくさんの義援金を集めてくださったと知りました。義援金の他にも、災害救助部隊だったり、支援物資だったり、本当に多くのご厚意をいただきました。

そのことに対して、僕らMr.Childrenとしてもなんとかお返しをして、ほんっとに御礼を言いたいと、ずっとずっと思ってきました。そして今日、それが、ようやく実現することになりました。台湾の皆さん、本当に、本当に、サンキューどうもありがとう!うぇい!(JENのどぅるたとぅん!!!)」

(・・・妄想満月、終了。)

私個人的には、台湾に行ってから、本当に台湾のことが好きになったんだけど、その理由はものすごく親日的だということ。だから、自分の大好きなMr.Childrenが海外単独初ライブの場所として台湾を選んでくれたことがとてもうれしいのです!!!

【追記(2018/11/18)】

11月18日、facebookの「Mr.Children Live in Taiwan」が更新されて、そこに台湾ツアーに向けた桜井さんのメッセージが公開されましたので、紹介しておきますね!

僕らにとってはじめての単独海外公演となる台湾。
この計画が持ち上がった時からワクワクは膨らみ続けている。

作品を作るとき、また歌うとき、
僕の頭の中にある景色や登場人物は、日本の中にあるそれだった。
リスナーをイメージするときも、日本の文化圏外の方を思い浮かべたことは無かった。
しかし何年か前、びっくりする話を聞いた。台湾に僕らの大ファンだという人がいると言う。そしてそれは一人や二人ではないのだと。
きっかけは日本のテレビドラマ。その主題歌はMr.Children。

僕らの音楽を受け入れてくれた台湾でのライブ。
台湾の景色、そして何より皆さんの笑顔、声、体を揺さぶる姿、それらを思いっきり心に刻みたいと思っています。
いつの日か、僕らのとある曲の景色は台湾なのだと言えるように。

Mr.Children 桜井和寿




ミスチル台湾セットリスト(セトリ)2019台北アリーナ

それでは、ミスチル台湾公演のセットリストをご紹介しましょう!!

【!!!ネタバレ注意!!!】

1日目も2日目も同じだったようです!国内でも全く同じ、台湾も2日間同じ!!!

Mr.Children台湾セットリスト

1. SINGLES(2018)

2.Monster(2005)
3. himawari(2017)
4. Tomorrow never knows(1994)

5.HANABI(2008)
6. NOT FOUND(2000)
7. 抱きしめたい(1992)

8.花 -Memento mori-(1995)
9. addiction(2018)
10. Dance Dance Dance(1994)

11.ハル(2010)
12. and I love you(2005)
13. しるし(2006)
14. 海にて、心は裸になりたがる(2018)
15. innocent world(1994)
16. Worlds end(2005)
17. 皮膚呼吸(2018)

〜アンコール〜

18.here comes my love(2018)

19.風と星とメビウスの輪(2008)

20. Sign(2004)

21. Your Song(2018)
22. 終わりなき旅(1998)

 

アリーナツアーから追加されたものを赤字にしておきました!

Zeppなんばとなんだか似てますね、アリーナツアーとの複合ですかね!!!

ご参考までにZeppのセットリストも。

Zeppなんばセットリスト

1. Your Song(2018)
2. himawari(2017)
3. Tomorrow never knows(1994)
4. NOT FOUND(2000)
5. 抱きしめたい(1992)
6. addiction(2018)
7. Dance Dance Dance(1994)
8. and I love you(2005)
9. しるし(2006)
10. 海にて、心は裸になりたがる(2018)
11. innocent world(1994)
12. Worlds end(2005)
13. 皮膚呼吸(2018)

〜アンコール〜

14. SINGLES(2018)
15. Sign(2004)
16. 終わりなき旅(1998)

 

ちなみに上のセットリストで赤字にしたところは、Zeppなんばで新しく追加された曲!

比較のために重力と呼吸ツアーのセトリも載っけておきましょう!

重力と呼吸ツアーセットリスト

1.SINGLES(2018)
2.Monster(2005)
3.himawari(2017)
4.幻聴(2015)
5.HANABI(2008)

6.NOT FOUND(2000)
7.忘れ得ぬ人(2015)
8.花 -Memento mori-(1995)
9.addiction(2018)
10.Dance Dance Dance(1994)
11.ハル(2010)
12.and I love you(2005)

13.しるし(2006)
14.海にて、心は裸になりたがる(2018)
15.擬態(2010)
16.Worlds end(2005)
17.皮膚呼吸(2018)

 

~アンコール~

 

18.here comes my love(2018)

19.風と星とメビウスの輪(2008)

20.秋がくれた切符(2018)
21.Your Song(2018)

今回のZeppなんばで残念ながらやらなかった曲は青字にしてみました!




Mr.Children重力と呼吸ツアー@台湾ライブのチケット情報

さあ、そして気になるのがMr.Children重力と呼吸ツアー台湾ライブ、台北アリーナライブのチケット。公式の発表では、台湾ライブのチケット詳細は後日ということになっていますが、どうなるのでしょうか。

当然台湾の地元のファン向けにも発売するでしょうし、台湾ということで多くの日本人のファンも駆け付けたいと思うでしょうから、そのあたりの配分はどのようになるのか、非常に注目されるところ。

ミスチルライブ一般発売チケットの詳細、バーゲンコードはなんだろう??

一般発売日:2018年11月24日(土)12:00(台湾時間)
日本時間は11月24日(土)13:00 ※終了

追加公演決定!!!

一般発売日:2018年12月1日(土)12:00(台湾時間)
日本時間は12月1日(土)13:00

 

システム異常により、15:00からに変更になりました!

 

受付URL:www.tixcraft.com

24日のミスチル台湾チケット争奪戦は瞬殺でしたが、バーゲンコードなる文字を入れるのに苦戦した人がいた模様・・・

ちなみに前回は、

I understand
Its clear

だったみたいだから、

今回は、

No problem

とかかな・・。なんて、適当なことを言ってるので間違えないでくださいね!!!!




そして前売り料金!結構たけえぞ!さすが我らがMr.Children!!!今日のレートで円換算しておきました!

前売料金
(ニュー台湾ドル:カッコ内は円換算したもの→10月27日時点)

▼アリーナスタンディング(整理番号順に入場)

$5,800(約21,000円)

$5,200(約18,900円)

▼スタンド指定席

$4,800(約17,400円)

$4,500(約16,300円)

$3,800(約13,800円)

$2,800(約10,200円)

$1,800(約6,500円)

$800(約2,900円)

(画像引用元:facebook「Mr.Children Live in Taiwan」)

そして、注意事項ですが、あらかじめチケットのシステムへの会員登録が必要なようですので、ガチで狙っている人は忘れないように!!!

(注意事項)
チケットの購入は拓元tixCraftシステムへの会員登録と認証が必要です。
新会員の方はチケット発売開始時間の25時間前(11月23日11:00AM(台湾時間))までに必ずシステムへの登録と認証をお済ませ下さい。

※おひとり様4枚まで購入可能です。
※開場 / 開演は変更になる可能性がございます。
※本公演のチケット代金お支払い方法は「クレジットカード」と「ATM振り込み」のみとなりますのでご注意下さい。
※アリーナスタンディングエリアは整理番号順でのご入場となります。
※お客様の安全のため、7歳以下の方と身長が110cmに満たないお客様、また妊娠されている方はアリーナスタンディングエリアのご購入はできませんのでご了承ください。
※会場の座席エリア図は後日発表させていただきます。

(Mr.Children重力と呼吸ツアー公式サイトから引用)

【問い合わせ】

Amuse Taiwan:info@tw.amuse.co.jp ※日本語対応あり
Mr.Children Live in Taiwan

ミスチルライブ台湾ライブチケット付きJTBツアー(旅行パック)

そして!!!apbankfesの際には、JTBがホテルと交通手段をセットにしたパックがありましたが、今回の台湾ライブについてもそのようなパックが当然組まれるんじゃないかとひそかに期待していた・・・というのも、安室奈美恵さんの2018年の台湾コンサートも2泊3日でチケットと旅行がセットになったツアーが売り出されているのです!(以下は、安室奈美恵さんのJTB チケット付き鑑賞ツアー。)

そしたらやっぱり、ファンクラブ会員先行のパックツアーがキター♪───O(≧∇≦)O────♪

※終了 FATHER&MOTHER会員先行 JTBチケット付き鑑賞ツアー

以下、公式サイトを引用しておきます!とりあえず現時点で会員の方は申込めそうですね!

受付開始後にMr.Children Official Fan Club FATHER&MOTHERの会員専用サイトにログインのうえ、「INFORMATION」をご確認ください。

【対象会員】
次の会員様のうち、FATHER&MOTHER会員専用サイトのご利用登録を済まされている方
(1)2018年10月1日時点有効会員の方
※ただし、2018年10月31日期限の方で、期限までにご継続手続きをいただけない場合は、11月1日以降のエントリーはできません。
(2)2018年9月10日までにご入会(ご入金)された新規会員の方
(3)2018年9月30日期限の方で2018年9月11日~2018年9月30日までに継続入金をされた方

おいくら万円になるんでしょうか。。。ビクビク。土曜出発の日曜帰りの弾丸ツアー組まれないかなぁ。

台湾ライブが当選した場合の航空機・ホテルの予約

2月2日(土)は春節の連休の初日

2月2日(土)は、中華圏で最も重要な祝祭日とされる旧正月の「春節」の最初の週末の土曜日ということで、日本でいえば年末年始の初日に当たるような感じでしょうか。春節の際は、お店が休みになったり、タクシーも割増料金になったりするようですね。。。どおりで、私が航空機を調べたときに高かったわけだ・・・。なので、ホテル、飛行機は早めに予約するほうがいいかもしれません。チケットがとれる前に予約するのが吉かもしれません!って知ってるか!(笑)




まとめ

というわけで、Mr.ChildrenがTour 2018-2019でなぜ台湾でライブを行うのか、なぜ台湾コンサートを選択したのかということについて、語ろうと思ったら、なんだか楽しくなってきてしまって、いろんなことをそこはかとなく書き綴ればいとをかし。こんな超大作になってしまいました(笑)。長文を読ませてしまって申し訳ない!というか、ここまで読んでくれた方、本当にありがとうございます!!!

とりあえず伝えたかったのは、大好きなMr.Childrenが大好きな台湾の地でライブを行ってくれることは本当にうれしくて、そして、東日本大震災に対する台湾の支援についてぜひとも触れて欲しなということでした!!!

ああーーーーーーーー、台湾いきてぇーーーーーーーーーー!!!マンゴーかき氷と小籠包くいてぇーーーーーーーーー!!!

それでは、また!ミスチルバカことexchange(@mrchildrenbaka)でした!

最新情報をお伝えしますので、ぜひTwitterフォローしてください!→@mrchildrenbaka

※歌詞よりも先にサウンド的な観点からファーストインプレッションを書きました!次のリンクからどうぞ。

他の記事もよろしければ読んでいってくださいね!

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ミスチルへ



2019年2月1日