ミスチルライブ2018重力と呼吸の定価トレード(チケットボード)の詳細決定!先行チケット落選者にもチャンス!!

2018年9月8日ミスチルライブ2018-19Tour重力と呼吸

どうも、ミスチルバカことexchange(@mrchildrenbaka)です!
今回の記事はMr.Childrenライブツアー重力と呼吸の定価トレードについてです!

8月に入ってミスチルライブツアー2018-19重力と呼吸の詳細が発表になり、各種先行や、オフィシャルサイト二次先行など怒涛の勢いでチケットの抽選が行われていますが、いよいよ10月からライブツアーがスタートしていますが、公式サイトからはライブチケットの定価トレードを実施するお知らせがありました!

え、定価トレードってなんだ!?って方、大丈夫です、私もよく知りませんでしたから!!!(笑)

なので、定価トレードって何!?って方は、定価トレードが開始される前に一緒に勉強しておきましょうか!!!(現在11月公演分が出品・購入可能となっていますので、更新しました!

定価トレードとは、オークション取引ではない定価での正規のチケット取引

オークションでは市場原理が働くので、チケットを持っている人の立場の方が圧倒的に強いことから、チケットの値段を高くしても売れることが多いため、これまでも転売ヤーと呼ばれる人たちが暗躍してきました。すなわち、行きもしないライブのチケットを大量に仕入れて、それを本当に行きたいけどチケットが取れなかったファンたちに法外な価格で売り渡し、その差額を稼ぐと言った手法です。

で、このオークション取引では、価格差にあまりにも不公平感が出てしまう。でも、全てを禁止してしまうと、本当にいきたいと思ってチケットを買った人が、止むを得ない理由で行けなくなってしまった場合に、その座席は空席になってしまう。

そこで出てきたのが定価トレードなわけですね!きっとそうだとおもう・・・。

つまり、定価トレードは、急遽いけなくなってしまった人からぼったくりではなく「定価」でチケットを買うことができる素晴らしい制度ですね!

定価トレードに関するチケットボードのサイトの説明も引用として載っけておきます!

定価トレードとは、『Mr.Children Tour 2018-19』公演のチケットをご購入後に、急遽参加できなくなってしまった方が、購入希望の方へ「定価」で「安心・安全」に電子チケットをトレードできるシステムです。

ミスチルライブ2018の定価トレードはチケットボードのサイトを介して行う!

ミスチルライブ2018のチケットの定価トレードはチケットボードによって運営され、チケットボードのサイトで実際に取引を行います。当然のことですが、定価トレードは抽選で、チケットの取引が必ず成立するとは限りませんのでご注意ください!

定価トレードで売りたい人(出品者)はどうすればいいか

  1. ticket boardのマイページにログインし、それぞれの受付期間中にチケット出品
  2. 抽選!!
  3. 成立した場合には、チケット譲渡完了
    不成立の場合には、出品チケットがそのまま戻される
  4. 後日、返金に関する案内がメールにて届くので、案内に従って手続きを行い、定価トレードの成立手数料代金を差し引かれた額を受け取る

定価トレードで買いたい人(購入者)はどうすればいいか

  1. ticket boardにログインし、購入希望の申込みを行う
  2. 抽選!!!
  3. 成立の場合には、チケット代金+手数料(下記参照)をクレジットカードで支払う
  4. 公演日当日、携帯電話・顔写真付指定身分証を持って会場へ!!!




ミスチルライブ2018の定価トレードへの出品・購入希望申込可能期間

Mr.Childrenのオフィシャルサイトに公開されている定価トレードの出品・購入希望申込の期間は以下のとおりです。忘れずに申込みましょう!!!

▼2018年10月公演(広島・宮城・和歌山・函館)を定価トレードで出品・購入希望の方

▼受付期間:9月17日(月・祝)12:00~9月23日(日)23:59 ※終了

▼定価トレード結果発表:2018/09/28(金)20:00~予定 ※終了

 

▼2018年11月公演(札幌・福井・埼玉・大分・神奈川)を定価トレードで出品・購入希望の方

▼申込可能期間:10月15日(月)12:00~10月21日(日)23:59

▼定価トレード結果発表:2018/10/26(金)20:00~(予定)

出品者は、定価トレードの成立手数料として1枚につき540円(税込)/枚が差し引かれます。

購入者は、チケット代金のほか、システム利用料:324円(税込)/枚、電子チケット発券料:108円(税込)/枚、決済手数料:216円(税込)/件が別途かかります。

 

先ほど購入申込をして見ましたが、一人につき一公演までの申込しかできないようですので、お気をつけください。この点、当日引換券はなんの縛りもなく、どこの公演でも何回も申し込むことができるので、大きな違いかと。

また、
申込は指定席、親子席、注釈付指定席それぞれの区分で申し込むようなので、どこで申し込むのが最適なのか悩むところ。 

それと、当日引換券と両方申し込むことができるけど、まあ両方とも当選することはないだろうけど、どっちが優先されるとかあるのか、などなどは謎。チケボのみぞ知るですね・・・。

 

定価トレードの出品、購入はチケットボードのサイトへ↓
(出品)https://ticket.tickebo.jp/pc/mc-trade-sell
(購入)https://ticket.tickebo.jp/pc/mc-trade-buy/

▼2018年12月公演(愛知・福岡・大阪)を定価トレードで出品・購入希望の方

申込可能期間:11月12日(月)12:00~11月18日(日)23:59

ミスチルライブ2018の定価トレードの取引成立倍率は?

ミスチルライブ2018のチケット争奪戦は、それはそれは厳しいものがありました。ファンクラブ会員でもファンクラブ先行で落選した方は本当にたくさんいらっしゃいますし、twitterのTLを見ている限り、オフィシャルサイト一次先行も相当倍率が高かったのではないかと思います。

では、肝心の定価トレードはというと・・・

完全なる私見ですが、定価トレードは、ファンクラブ先行、オフィシャルサイト先行、セブンイレブン等各種先行、一般発売のどれと比べても、おそらく一番倍率が高いのではないかと思います。

最初に書いた通り、定価トレードはあくまで急に行けなくなってしまった人が仕方なく売り渡すためのシステムなので、そもそもはじめから定価トレードで売ろうと考えている人はいないわけで・・・。従って、供給されるチケットの数が圧倒的に少ないので、その椅子取りゲームの過酷さと言ったら・・・それはものすごいことになりそうですね。

でも、当然購入希望を出さなければ成立することもないので、ダメでもともと、定価トレードにしっかり購入希望を出して参加しましょうーーー!

ミスチルライブ2018の定価トレードでは同行者の分を売れるのか?

定価トレードは急遽ライブに行けなくなった場合の救済措置なわけですが、購入者本人は行けたとしても、登録している同行者が行けなくなった場合にはどうなるのでしょうか。彼女・彼氏などパートナーが急な仕事で行けなりそう(当日はさすが無理か)っていうパターンは普通にあり得ますよね!?

そこで、チケットボードのQ&Aのサイトを見てみると・・・

・分配済みのチケットは、分配キャンセルすることで出品することができます。
※分配していたチケットを出品する場合は、必ず元の同行者の承諾を得て出品をお願いします。

・ticket boardから購入したご本人様のみが出品できます。(分配を受けた同行者がチケットを出品することはできません)

こんな感じの記述がありますけど、虹ツアーの時はヒカリノアトリエツアーの時のように、当日に分配される場合には、分配前に出品するってことになるのかあ。

このあたりは詳細情報を待ちましょうかね!

隣の席に座った人は定価トレードで購入したってことが分かるから、「こんにちわ〜定価トレードで買ったんですか〜??」なーんて会話が弾む・・・わけねーだろっ!!(笑)

でも、これって、実際、ぼっちで参加する人とかもまだ席が決まってないわけで、ぼっち参加の人たちの席って定価トレードで取引された席も一緒くたにごちゃ混ぜになって、ガラガラポンするのかねぇ・・・その辺りは良くわかりませんが・・・

でもおそらくファンクラブの先行席の方が良席だと思うので、何らかの操作はありそうですよね。あくまで憶測でしかありませんが・・・

ミスチルライブツアー2018重力と呼吸の定価トレードのまとめ

というわけで、今回は、ミスチルライブ2018の先行チケット抽選にはずれ、ミスチルライブ一般発売にも落選してしまったら、最終手段の定価トレードがあるじゃないか!!!ということで、チケットボードの定価トレードの全体像を一通り見てきました!

では、皆さんに幸あれ!!!

最新情報をお伝えしますので、ぜひTwitterフォローしてください!→@mrchildrenbaka

※歌詞よりも先にサウンド的な観点からファーストインプレッションを書きました!次のリンクからどうぞ。

他の記事もよろしければ読んでいってくださいね!

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ミスチルへ



2018年9月8日