ミスチル新作ツアー2017DVD Thanksgiving 25 から⑤sign(サイン)

Thanksgiving25 DVD

おはようございます!exchangeです!
ようやく週末ですね~、今日はスカパーでミスチルのライブが再放送されるようですが、ええ、そうです、もちろんスカパー入ってませんからね・・・見られません!!!くっそーーー、ま、DVD待ちましょうかね。

はい、というわけで、ツアーDVDサンクスギビング25の発売を記念しまして、そのセットリスト順に記事を更新していくという大それたことをやっておるわけなんですが!!!本日も、というか連日ですね、大物曲、「Sign」でございます!!!ていうか、サインのつづりをいつも間違えてsingにしてしまいそうになる(笑)

#* 0 *#6枚目のシングル、I♥U(アイ ラブ ユー)の9曲目

2004年5月26日リリース!もう14年前かぁ。実はこの曲は、このミスチルバカのバカblogを始めたころに出た曲でして、当時「オレンジデイズ」というTBS系のドラマの主題歌だったことも手伝って、この曲のおかげで非常にたくさんの方にこのblogを知っていただくきっかけとなりました。そういう意味では、このblogとは切っても切れない関係で、その分感慨深いです。

なので、もし暇な方がいらしたら検索ボックスでsignって入れもらうと、アホみたいに記事がたくさん出てくると思います・・・!!!一応、念のため、代表的なものを下に置いておきますね。今日はそこから抜き出して再掲しつつ、新たな点があれば書き加えていきます!

Wikipediaによると、

2004年に発売されたシングルでは最高の初動売上を記録し、5thシングル「innocent world」以来、2度目となる日本レコード大賞を受賞した。また、オリコンチャートでの登場週数が46週を記録し、Mr.Childrenのシングルでは4thシングル「CROSS ROAD」の50週に次ぐロングセラーとなった。累計売上は、「youthful days」以来5作ぶりに、70万枚を突破した。

だそうです。とにかくやっぱりレコ大のイメージが強いのですが、まあTBSドラマだったし、いろいろごにょごにょ・・・(笑)いいんです!!!とにかくミスチルが賞をいただいたんだからそれでいいんです!!!

ドラマ「オレンジデイズ」の主題歌、弊ブログの過去の記事をば。

もうとにかくね、オレンジデイズについてはこのblogで全話レビューしたので、またお時間あるときに見ていってください!このblogのリンク貼っておきます!

オレンジデイズ第1話 オレンジデイズ第2話 オレンジデイズ第3話 オレンジデイズ第4話 オレンジデイズ第5話 オレンジデイズ第6話 オレンジデイズ第7話 オレンジデイズ第8話 オレンジデイズ第9話 オレンジデイズ第10話 オレンジデイズ第11話

はい、ちょっと思い入れが強くて脱線してしまいましたが、もう年なんで人生振り返りたくなる時もあるので許してください(笑)

サウンド的考察

イントロ

ちゃんらちゃん、ちゃんらちゃん、ちゃららら・・・というむちゃくちゃ哀愁漂う中にセブンスコードのちょっとしたおしゃれな明るさが見え隠れしてて、イントロで心を持っていかれてしまう曲の一つ。Em→Bm7→D(onC)→Am7て感じかな。光と影のもどかしい感じがオレンジデイズにうまいことはまってたんだよなあ

サウンド

とにかく最初に言っておくと、Bメロが好きです。。。Bメロの歌詞については下でも書きますが、サウンドも好きですね。基本的なリズムはAメロと変わりないんですが、コードがね、たまらんですよね。

えっと、「ひとこいしさーをつみきみたいに」の「さーを」と「みたい」のところがめっちゃ好きです(笑)。もう、切なすぎてたまらんですよ。精神的マゾなんだろうか・・・

それから、ラスサビのところね。最初JENがスネア入れないわけですよ。
でもなかけーは8つ刻んでるわけ。あれがいいんだよなぁ~。
今までだと、桜井氏のボーカルオンリーになることが多いんだけど、リズム隊バラバラな入り方は、個人的にはすごく好きです。

確かこの曲は、二日酔いかなんかのときに出来上がった曲だっていってて(歌詞かも?)、これだでの曲を二日酔いでも作れちゃうのは純粋にすごいなと・・。

ミスチルsignの歌詞で好きなところ

サウンドに引き続きBメロなんですが、2番の、

「似てるけどどこか違う だけど同じにおい
体でも心でもなく 愛している」

がいいですね。エロいというかなんというか、ずるいなあ・・・。
桜井氏よ、何回否定してるんだ!って突っ込みいれたくなる歌詞ですけどね(笑)。

あと戻っちゃいますが、やっぱり、これもBメロで、

「ありがとう」と「ごめんね」を繰り返して僕ら
人恋しさを積み木みたいに乗せていく

ここもくっつきそうで、でも離れていくわけでもない、親密になっていく二人をうまく表現していてすごい!人恋しさって、ちょっと寂しいみたいなネガティブな気持ちもあるんだけど、積み木を積み上げていって消してなくならない思いみたいなものもしっかりと描かれている・・・。

はい、というわけで、ここまでほんとに14年ぶりにまじめにレビューしました!当時の頃の思い出がよみがえってきてほんとに懐かしいなあ。これもミスチルが長く活動してくれているからこそ!

それではまた!!!

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ミスチルへ