別冊宝島、音楽誌が書かないJポップ批評のミスチル編発売!

ミスチル

こんばんわ!
このblogの常連さんのRoroさんから情報を頂きましたので、ちょいと紹介。
別冊宝島でミスチルの特集でございます。発売中です!
「Mr.Children『幸せの探し方』」
音楽誌が書かないJポップ批評 40 (40)
音楽誌が書かないJポップ批評 40 (40)

“イノセントワールド”から“未来”へ
“日本最後のロックバンド”!? ミスチルの13年、徹底再検証!
2度の休養と復帰。試行錯誤を繰り返しながらも着実に成長を続けている桜井和寿&メンバーたち。「無垢な子供たち」は、いかにして大人へと深化したのか? メジャー・デビュー13年めにして総括する、彼らの“軌跡”とさらなる“可能性”
【総力企画】
全142曲 全力解説・勝手にライナーノーツ!
Are You Still INNOCENT?
本誌初、2度めのスペシャル・エディション!
P R O L O G U E
◎トリビュート・トゥ・桜井和寿[男子篇/女子篇]
◎桜井クンと小泉クン─“ひとり勝ち”なふたりの「愛される理由」
◎映像にみる“少年から男へ”の変容
◎「ap bank」「ホワイトバンド」の顛末と、ロック・スターの社会参加の難しさ
P A R T 1
苦闘と成長の軌跡
CHILDREN OF THE REVOLUTION
◎波瀾万丈ミラクル・ヒストリー+ミスチル50大事件
初期:89─93~ブレイク期:94─96~深海期:96─00~原点回帰期:00─02~模索期:02─05
◎ミスチルとイーグルス──“宴に間に合わなかったバンド”の疾走
◎「未来」のアンビバレンス
◎ミスチルとプロテスト・ソング
◎歌詞論──桜井の幸福と苦悶 etc.
P A R T 2
ミスチルの偉業大検証
GOD BLESS THE CHILDREN
◎ニート&フリーター時代に響くミスチルの“癒しの歌”
◎桜井和寿36歳の「年のとり方」
◎ミスチルのサビを15秒で解剖する
◎小林武史立体レビュー
◎21世紀を生きるミスチル遺伝子~Mr.Grandchildren名盤10選
◎ミスチルの似合う青春小説 etc.
P A R T 3
アルバム徹底レビュー
LISTEN TO THE CHILDREN
◎ファースト『Everything』(1992.05.10)から最新作『IU』(2005.09.21)ベスト盤、
そしてBank Band『沿志奏逢/Bank Band』(2004.10.20)まで! etc.
P A R T 4
優しい歌、せつない歌、楽しい歌
ALL THE CHILDREN SINGS
全142曲全力解説・勝手にライナーノーツ! etc.
E P I L O G U E
◎ミスチル、堂本剛、ひきこもり、UKロック──オトコノコの自尊心をめぐって
◎「タガタメ」とヘミングウェイとJポップ
◎「父となりし男のロック」あるいはミスチルの「成熟と喪失」 etc.

この別冊宝島、コメントにも書きましたが、
東京ドーム前の山下書店にあったんですよ。
でも、前に出たやつと一緒かと思って素通りしてました。
今回、その後、ということでまた出たみたいです。
前回のこの本は、歌詞についての記事が印象的でした。
今探したんですが、出てこなかった(^^ゞ
ブルーだ。。。
たしか櫻井の詞が非常にマゾだ、と。
精神的にマゾだ、と書いてあった気がする。
「~~。でも・・・」という歌詞が多いのだ、と。
例えば、終わりなき旅の、
「いいことばかりではないさ でも次の扉をノックしたい」
みたいな感じである。
これにはなるほどな、と感じた。
けっこうあるんですよね、こういう歌詞が。
みなさんも探してみてください。
■おすすめDVD→今予約すれば20%オフ!!
ap bank fes’05
ap bank fes’05

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ミスチルへ