ミスチル「花言葉」の歌詞分析:コスモスの花言葉は咲かなかった

2004年5月8日アルバム「シフクノオト」, シフクノオト:レビュー

どうも、ミスチルバカことexchange(@mrchildrenbaka)です!

Mr.childrenアルバム「シフクノオト」発売から1ヶ月たちましたね。
私の周辺で一番人気なのが、「花言葉」です。
そんな友人たちの声にこたえまして(笑)、歌詞の徹底解剖(?)を含めて、
ミスチルバカこと、exchangeが「花言葉」の総力特集を記事にします。

コスモスの花言葉とは何?

そう、この曲を聴いたとき、いや、この曲名を見たときに、必ず調べてしまうのは・・・

コスモスの花言葉とはいったい何なのよ!?!?

ってこと。

はい、教えてGoogle先生!!!

秋の野原を鮮やかに彩るコスモス。
秋桜とも書き、ピンク色の花びらはまるで秋に咲く桜のよう。落ち着いた色合いの多い秋の自然色の中で、とても目を引く存在です。

コスモスの一般的な花言葉は「乙女の純潔・乙女の真心・美麗・調和・謙虚」ですが、花の色によって花言葉が変わります。

(引用:カラーセラピーランド

ということで、乙女の純潔、乙女の真心って感じですかね!とするとミスチルの花言葉は乙女の歌ってことなんだろうか。うーん、やっぱりなんか男が歌っているイメージなんだけど!!!まあいいか。

ミスチル花言葉の総論、第一印象

「花言葉」に対する私の第一印象は、

『ミスチルのアルバムに必ず1曲はある、初期のナンバーを彷彿させる曲or女の子ウケする曲』

っていうものだったと記憶しております。はい。
つまりは『BOLERO』の中の「幸せのカテゴリー」、『深海』の中の「手紙」と「Mirror」、『DISCOVERY』の中の「ラララ」、『Q』の中の「ロードムービー」、『It’s a wonderful world』の中の「渇いたkiss」等がそれに該当するわけですね。

この曲に共通する点として、ま、手紙はちょっと別だけど、基本的にリズムがそこまでゆっくりじゃないけど、速くもない。心地よいスピードっていうことが考えられます。それと、なんつーか、メジャーセブンっていうコードを多用していて、なんともせつねえ気分にさせてくれます。いつも目まぐるしく曲が詰まっているミスチルのアルバムの中でちょっぴり落ち着けるような、そんなベンチみたいな曲であります。
さてさて、前置きの第一印象が長くなりすぎましたがな。次に行きましょうね。

ミスチル花言葉の歌詞を順番に徹底解剖!

歌詞順に徹底解剖。この曲のすごいのは、

コスモスの花言葉に揺れながら

で、まずものすごいつかみを持ってきましたよね。これで、ああ、やられたぁ~っていうミスチルファンが何人いるでしょうか。推定100万人は固いですね(笑)。だってさ、さっきも書いたけど、とりあえずコスモスの花言葉って何よって調べたくなるし。

そして、

身の程を知らないまま 可能性を漁り
魔が差した僕にさよなら 夏の終わり

で、さりげなーく韻を踏んでらっしゃる、桜井和寿。にくいね~♪「あさり」と「おわり」ね。ここ、気づいてね!!!実はちょっと疑問なのですが、身の程を知らなかったのは「主人公」ですかそれとも「君」ですか?

 

あの日見せた 僕の知らなかった顔
哀れみと背伸びで告げられた別れ
僕の全て 君に知って欲しかったのに
コスモスの咲く季節に君は去った

「背伸びで告げられた別れ」っていうのは「君」が背伸びをして大人の恋をしたくなったから、「僕」をフッたということなのでしょうか。拡大解釈しすぎですか?
コスモスの咲く季節に、っていう表現はいいですねぇ。

 

種を蒔き散らかして 摘むことは出来ず
頭からつま先まで 後悔しどおし

わかりますよ、非常に共感できますよー、この気持ちは。頭からつま先まで、朝から晩まで、寝ても醒めても、何をしてても、考えちゃうんですよね、失恋した時は。はぁ。

 

君がくれた 僕に足りなかったものを
集めて並べて 忘れぬよう願う
君の全て 僕に見せて欲しかったのに
コスモスの花言葉は咲かなかった

でた!桜井の真髄!真骨頂!忘れぬよう願って、ちょっと前向きになる。mylifeの「いいことばっかあるわけないよ」に通じる、ちょっとポジティブシンキング!

 

「木漏れ日が微笑みを連れてきてくれるから」
そんなきれいな事 慰めも 何を今更

このCメロがすっごくいいですよね。僕は本当に好きです、ここが。この「何を今更」ってのが大好きなんですね。普段の記事でもよく使ってますが(*^_^*)ま、ちなみにこれが「何よっっっ!!!今更っっ!!!ぷんぷん!!」みたいに聞こえて、なんか女性っぽくっていいなって思ってたんですが。。。

 

君がくれた 僕に足りなかったものを
集めて並べて 忘れぬよう願う
僕の全て 君に知って欲しかったのに
コスモスの咲く季節に君は去った
さよなら さよなら

ここは繰り返し部分ですが、実際のメロディは天頂、いや転調しちょりますね。
実はCメロの部分から笛みたいなシンセの音(宇多田さんのAutomaticのイントロの音)が入ってくるわけですが、この転調部分でなってる笛みたいなシンセが好きだなあ~
てなわけで、本当に長くなってしまいました。
2日間に分ければよかったと「頭からつま先まで後悔」しているexchangeでした!
ちゃんちゃん。

▼最近またblogを復活させたので、最新記事もぜひ読んでいってください!
ミスチルバカのバカblog

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ミスチルへ

2004年5月8日