続:「天頂バス」の小さな声について

ミスチル

Mr.children、シフクノオト:「天頂バス」の小さな声について、
昨日記事を書いたわけですが、
コメントでいただいたように、「店長バス」にひっかけて、
「らっしゃい」ってのがすごくすっきりしますね(笑)。
んで、俺が、「バンド」って聞こえたのは、
「お勘定」ではないかと・・・(笑)。
なんか寿司屋を想像しちゃうんだけどな。
どーですかね?


それから、歌詞をまだじっくり読んでないんだけど(読まない派なので(笑))、
この「天頂バス」って曲は、曲の構成とか、
JENにいわれて発奮していろいろ実験をしたってインタビューとかで書いてあるけど、
実は、歌詞にこそ、桜井のJENに対する憤りが隠れてますよね?

「明日こそきっと」って
戯言ぬかして
自分を変えてくれるエピソードをただ待ってる 木偶の坊
そうしてれば
時間だけ無駄に過ぎるよ
もう すぐそば
待ってろブルーバード
今捕まえに行くぞ

とかも、JENだろ、これ、みたいな。

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ミスチルへ