ここであえて、昔のミスチル曲

2004年4月9日時事ニュース

シフクノオト、発売以来ヘビーローテーションなわけですが、
やっぱいいっすね、ミスチルは。
でも、この緊急時にミスチルを聞いている余裕があるということは、
日本がいかに平和であるかということです。
そして、日本には徴兵制がない。
今回のイラクにおける3邦人拘束事件をみるにつけ、
ミスチルだったら、
「my confidence song」を思い出すわけです。

頼りなく 平和な日々に
埋もれ僕らは もろく
愚かな自由を振りかざして
罰則(ペナルティ)がなきゃ正義

最初の2行は日本。
3行目からはアメリカ。
みたいに思えてきませんか?
日本は痛いところをつかれましたね。
自衛隊を撤退すれば今後アメリカにそっぽを向かれる。
撤退を拒否すれば、今度は日本国内でのテロの可能性もある。
でもどちらにしても、
どっちの選択をしたとしても、
とにかく自分たちの国は自分たちの手で守るという、
安全保障の原点に戻るべき時が来たのだなと、そう思います。

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 音楽ブログ ミスチルへ

2004年4月9日